2017年 世界選手権Xトライアル第4戦ニース(フランス)

2017年3月31日/Nice, France

シーズン最後のXトライアル、走りは今季一番だった

photo3月になって毎週のように開催されたXトライアル、31日の第4戦ニースで、2017年シーズンもいよいよ最後となった。

チームメイトのトニー・ボウはここまで3戦3勝で、このニースで11回目のXトライアルタイトルを決める。同じくチームメイトのハイメ・ブストは今回は参加のチャンスがないが、タイトル決定を祝うために会場へ顔を出している。そして藤波とはいえば、トニーのタイトル決定以前に、まずは今季一度も走っていない、ファイナル進出を果たすべく、クォリファイ6セクションの戦いにまず気合いを入れる。

今回のワイルドカードはフランスのアレックス・フェレール。Xトライアルにフル参戦した経験もあり、インドアトライアルは比較的得意だ。そのフェレールが、ドイツのフランツ・カドレックと最初の対戦。ここはフェレールが順当に勝利した。フェレールが5点二つ、2点二つ、クリーン二つの14点。どうやらファイナル進出のボーダーラインは10点内外になりそうだ。

藤波はダビルとの対戦。ランキング5位争いの二人だ。最終戦を前に、ランキング5位はブストがつけ、藤波が6位、ダビルが7位につけているが、ブストは最終戦には出ないので、藤波とダビルがひとつずつポジションを上げるもくろみとなる。

photo今回のセクションは6セクション。丸太やコンクリートなどが用意されたもので、フランス風のややテクニカルな設定だ。第6セクションは不可能の予定で、つまり実質全5セクションで勝負を決めることになる。

トライ順を決めるスピードレースでは、藤波がダビルに勝って、ダビルが藤波に先がけてトライすることになった。第1セクションは両者ともにクリーン。ここはカドレックもフェレールもクリーンしているクリーンセクションだった。

藤波の調子は悪くない。今回の走りなら、ファイナル通過の可能性はぐんと高まる。今年のXトライアルの中では、もっとも調子のいい、藤波のライディングだった。ボウとラガはまず崩れることがないから、ファイナルに残る席はあとふたつ。アルベルト・カベスタニー、ジェロニ・ファハルド、そしてダビルのうち、どこまでを切り崩せるかが勝負になる。

第2セクション。白いブロック使ったセクションで、ここは抜けられる設定だった。ところがここで藤波は5点になってしまった。カドレックは5点、フェレールは2点で、ダビルはクリーンだった。この5点が痛いことになった。

第3セクションはクリーン、第4セクションはダビル3点に対し、藤波は1点。さらに第5セクションはダビル1点に対し藤波はクリーン。だいぶ追い上げたものの、残るは攻略がきわめて困難な第6のみ。ここへきて、藤波のファイナル進出は絶望的となった。第6セクションは藤波もダビルも、さらにはラガもボウも5点の、勝負にならないセクションだった。

藤波はトータルで11点、カドレック、フェレールよりは好スコアをマークしたが、ダビルは9点。このあと、スペインの4強が登場するから、6位になるのを覚悟した藤波だった。

photoところがその後、カベスタニーが乱調を見せた。藤波が5点となった第2、さらには第4でも5点、第6はもちろん5点で、トータル15点。なんとあわや最下位の7位となってしまった。たった6セクションで勝負がつくがゆえの波乱。藤波とて第2で5点となっている点では、波乱含みのインドアの落とし穴にはまってしまった、ということになる。

それでも、第2をクリーンとは言わずとも、1点か2点で抜けていればファイナルに進出していたわけで、惜しいし残念ではあったが、手応えのあった大会ではあった。

さてファイナルで、藤波とカベスタニーは戦いの外で、気をもむ戦いを続けていた。ダビルがファイナルに進出したことで、3位となる可能性も出てきた。もしダビルが3位になると、藤波はランキング5位をダビルに譲ることになる。いっぽうカベスタニーは、ファハルドが3位以内に入ると、それまで守ってきたランキング3位をファハルドに譲り渡すことになる。藤波もカベスタニーも、ランキング争いのライバルが4位になってくれることを願いながら、ファイナルの試合を見守ることになった。

ファハルドとダビルなら、ふつうなら勝負はあったようなものだが、この日はちがった。ファハルドもランキング3位の可能性が出てきて集中しきれなかったか、なんとダビルと同点!
タイブレイクの結果が出るまで、藤波とカベスタニーのランキングをかけた戦いも、白熱して続いたのだった。

photo結果、ファハルドが3位となり、ランキングもファハルドが3位、ダビルは4位となって、ランキング5位はわずか1点差で藤波のものとなった。

さぁ、次はいよいよ、アウトドアシーズンの始まりだ。

○藤波貴久のコメント

「今れなら結果もついてくるだろう、という納得の走りができていたので、第2セクションでの5点は残念でした。去年は最終戦でファイナルに進出できたのですが、今年は5位止まりで終わってしまいました。今年はインドアの練習はせず、当初からアウトドアに焦点を絞っていましたから、今は来るアウトドアシーズンに向けての準備をしっかりとおこなって、開幕を楽しみにしています。Xトライアルの応援、ありがとうございました」

X-TRIAL 2017
R4
Final(2ラップ目)
1位 トニー・ボウ レプソルHondaチーム 0
2位 アダム・ラガ TRS 6
3位 ジェロニ・ファハルド ヴェルティゴ 13
4位 ジェイムス・ダビル ガスガス 13
Qualification(1ラップ目)
1位 アダム・ラガ TRS 1
2位 トニー・ボウ レプソルHondaチーム 2
3位 ジェロニ・ファハルド ヴェルティゴ 3
4位 ジェイムス・ダビル ガスガス 9
5位 藤波貴久 レプソルHondaチーム 11
6位 アレックス・フェレール シェルコ 14
7位 アルベルト・カベスタニー シェルコ 15
8位 フランツ・カドレック ガスガス 17
PointStandings(ランキング)
1位 トニー・ボウ レプソルHondaチーム 80
2位 アダム・ラガ TRS 60
3位 ジェロニ・ファハルド ヴェルティゴ 37
4位 アルベルト・カベスタニー シェルコ 35
5位 藤波貴久 レプソルHondaチーム 20
6位 ジェイムス・ダビル ガスガス 19
7位 ハイメ・ブスト レプソルHondaチーム 15
8位 フランツ・カドレック ガスガス 5